スマートフォン撮影&現像コース | InPhocus

1/12

スマートフォン撮影&現像コース

¥3,800 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

[InPhocus Workshop at 冒険研究所]
スマートフォンには良い写真を撮るのに十分な機能が備わっています。このコースでは、スマートフォン撮影ならではのコツ、アプリを使ったデジタル現像方法をお教えします。当日は撮影からデジタル現像まで全ての操作をスマートフォンで行います。

□最大催行人数:10名
□料金:¥3,800(交通費、食費は含まれません)
□講習日:*1月の写真教室はコロナの状況がさらに悪化すると考え、中止とさせていただきます。今後はダウンロードコンテンツなども開始する予定です。ご期待ください。
□場所:冒険研究所(〒242-0024 神奈川県大和市福田5521-7 桜ヶ丘小澤ビル2階)
□持ち物:スマートフォン
*お申し込み後、詳細な内容をメールにてご案内いたします
*2021年1月23~24日(土日)の2日間の写真教室は4部制になっており、各コースのセット受講割引をしています。割引料金は現地にてご返金致します。詳しくは以下をご参照ください
●1月23日(土)に開催する『シンプルなカメラ操作コース』と『スマートフォン撮影、現像コース』を受講される方は8000円から7500円に割引となります
●1月24日(日)に開催される『現像ソフトの使い方コース』『写真の選び方、作品の作り方コース』を受講される方は14300円が13500円に割引となります
●年1月23~24日(土日)に開催される『シンプルなカメラ操作コース』『スマートフォン撮影、現像コース』『現像ソフトの使い方コース』『写真の選び方、作品の作り方コース』を受講される方は22300円が20000円に割引となります


<講師紹介>
□中川 剛志 Takashi Nakagawa
京都市在住のアーティスト。 これまでに世界を約20周回り、約50カ国を繰り返し訪れ撮影を行う。作品は米国ナショナルジオグラフィックを始め海外のメディアから発表され、またナショナルジオグラフィックトラベルフォトグラファーオブザイヤーやその他海外コンテストを受賞。近年は故郷の京都と、特別な繋がりを感じているアイスランドで写真やインスタレーションアートなどの活動を幅広く行なっている。

□柏倉陽介 Yosuke Kashiwakura
自然風景から環境保護まで撮影分野は多岐にわたる。国連気候変動枠組条約第21回締約国会議、米国立スミソニアン自然史博物館などに作品が展示。ナショナルジオグラフィックやレンズカルチャー、PX3など国際的な写真賞を数多く受賞。近年は冒険家 荻田泰永氏と若者たちの600kmに渡る北極圏遠征に同行。写真や映像は、ナショナルジオグラフィックやNHKなどのメディアに発表されている。

□花岡 凌 Hanaoka Ryo
1993年生まれ。長野県下諏訪町出身、下諏訪町在住。「北極圏を目指す冒険ウォーク2019」に参加し、北極冒険家 荻田泰永氏と12人の若者で北極を600km踏破。その中で厳しい自然の美しさとそれを伝える写真の面白さを知る。北極冒険で撮影した写真がInternational Photography Awards 2019 Honolable Mention を受賞。冬のアイスランド ハイランドエリアでの遠征を計画中。現在は、地元である八ヶ岳エリアを中心に自然風景、自然に挑む人、職人を撮影している。

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥3,800 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    その他の商品